総量規制のキャッシングと主婦について

総量規制のキャッシングと言うのは消費者金融などの貸金業者のキャッシングになります。
キャッシングはお金を借りる事であり、借入した場合は返済が必要になります。
そのため、返済能力が問われる事になるのですが、総量規制は多重債務者を減らす目的で導入された規制で、年収の3分の1を超えた貸し付けを禁じているのが特徴です。

但し、総量規制には例外貸付が認められており、この場合は年収の3分の1を超える借入れも可能になるのが特徴です。

例外貸付として認められているのは、主婦がキャッシングの申し込みをする時に配偶者の収入を合算することで、主婦の年収を超えた金額の融資を受ける事が出来ると言うもので、配偶者貸付とよばれている方法です。

夫に安定した収入が在る事で、主婦の年収と合算して利用限度額を大きくすることが出来るのが配偶者貸付であり、より多くの融資を受ける事が出来ると言った特徴が在ります。

因みに、銀行は総量規制の対象外となりますが、銀行の場合は専業主婦が利用する事が出来るキャッシング商品が用意されています。

但し、専業主婦がキャッシングを利用する場合、本人には返済能力が無いため、配偶者でもある夫の収入が審査の対象となるのが特徴で、銀行により融資額は異なりますが、10万円から20万円と言った金額でお金を借入することが出来るようになっていますが、申し込みをする場合には配偶者に相談を行い、承諾を得た上で申し込みをすることが大切です。