借金一本化に銀行をおすすめする理由

カードローンやキャッシングは金利が高めなので、何度も追加で借りていると利息が大きくなってきます。
初回融資では少額の限度額となるので、利息の負担はあまり実感しませんが、利息は借入残高に比例して増えるものです。
消費者金融やクレジットカード業者などのローンは特に高金利なので、利息の支払いが厳しくなってきたら銀行ローンへの借り換えを検討しましょう。
銀行ローンを借金一本化に勧める理由は2つあります。
ノンバンクよりも金利が低くて、総量規制の対象外だからです。

一本化することで金利を減らせば、支払額を減らした上に返済の面倒を軽減できます。
3社にもなると各社への返済が大変になってくるので、早期のうちに一本化を考えたいものです。
ノンバンクを一本化ローンとしておすすめしない理由は、総量規制による縛りがあるからです。
年収の3分の1までしか融資を受けられないので、新規契約できないケースが多いのです。
銀行融資なら総量規制の範囲を超過していても、事情を話せば貸してくれることは多々あります。

銀行の中でも特におすすめしたいのはネットバンキングです。
無店舗営業をしているので運営コストを抑え、低金利で融資ができるのです。
そのため銀行カードローンやキャッシングを利用している方も、ネットバンキングローンに乗り換えするケースが多いわけです。
消費者金融などは借り換えのために融資してくれない場合もあります。
消費用の融資に該当しないため、借入できないことが多いのです。
借金一本化をするなら、銀行融資を選ぶのがベストでしょう。